2019年成田ー香港 カリフォルニアの旅①

2019年の夏休みをどう過ごすのか?
せっかくに休みだから、どっかに行きましょうと妻が言ってきた。
計画をはじめに考え始めたとき、まだ行ったことのない場所を考えた。

まずは、近場のグアムやバリ島のリゾートでのんびり過ごそう。
と思っていましたが、ホテルの宿泊などを考え始めて、いろいろと調べて。
気が付いたら、アメリカ本土のカリフォルニアにしようと提案した僕。

2019 US OPEN @Huntington Beach

カリフォルニアでサーフィンできるし、これからそんなに遠い場所に行くこともないのかも。
僕の希望としては、カリフォルニアでのサーフィン。
女性も観光地でいろいろ見て楽しめる場所で、治安も悪くないことの条件を満たす場所。

サーフィンの超有名ポイント、ハンティントンビーチに行きたかったのです。
その場所では、世界的なサーフィンの大会が数多く行われていて、
その場所で僕もサーフィンをしたかったのだ。
また、サーフィンの日本代表 五十嵐カノア君の生まれ故郷であったことも
どんなところか?気になっていたのです。

ということで、宿の予約を取り、飛行機のチケットも取って、出発です。

スポンサーリンク

旅の計画の概略

ハンティントンビーチに行くためには、成田空港出発でアメリカ本土のどの空港に行けばよいのか?から調べました。

https://www.skyscanner.jp/inspire/map?outboundDate=2019-08&outboundPlace=TYOA&preferDirects=false

調べてみると、以下の通りいくつかの候補の空港が出てきました。
成田空港出発、2019年8月と適当に設定。

① ロサンゼルス空港   13.7万円
② サンディエゴ空港   16.4万円
③ サンフランシスコ空港 14.4万円

ハンティントンビーチに行くために、空港から車で無理なく行ける範囲であること、
飛行機のチケットが安いものなどを検討した結果、ロサンゼルス空港に決定。

初めてのCA(カリフォルニア)、初めてのLAX(ロサンゼルス空港)
わくわくが止まりません。。。笑

その結果、以下の通りになりました。

Cathay Pacific Airways(キャセイパシフィック航空)
ワンワールドアライアンスメンバーの航空会社を選択
一人往復 約12万円

CX0521
NRT – HKG
成田 香港
17:15 – 21:20
T1         T1
(05H05)

香港国際空港
ラウンジ遊び
CX0880
HKG – LAX
香港 ロサンゼルス 
00:05 – 22:45
T1         TB
(13H40)

JALとかアメリカンのチケット、すごく値段が高く手が出ませんでした。
空港ラウンジのアクセスもJALグローバルクラブ会員であるためにできます。
ワンワールドサファイア会員のため、空港ラウンジの利用も可能。

成田空港国際線 出発

2019年7月27日(土)
さて、成田空港第2ターミナルに到着。
ワンワールドの航空会社の多くは、第2ターミナルとなります。
Wi-Fiのレンタルを済ませて、キャセイパシフィック航空のチェックインカウンターを目指します。

見てみると、すごい人!!

夏休みもあって、学生らしき軍団に遭遇。
これは、すごく待ちそうです。

我々が持っているチケットはエコノミー席。
当然、この多くの人の列を並ぶことになるのです。
たぶん、30分くらいはチェックインカウンターで待つことになりそうです。

しかし、飛行機の上級会員(JALグローバルクラブ ワンワールドサファイア会員)に
なっているおかげで、この列でなくてよいのです。

 

我々は、こちらのビジネスクラスのチェックインカウンターを利用します。
ビジネスクラスのチケットを持っている人に向けたカウンターがあるのですが、
ここにワンワールドのエメラルド、サファイア、ルビー会員であれば利用できます。

ここのカウンターは、待ち時間なしでした。

保安検査場(Fast Track)

チェックインカウンターで荷物などを預けた後、保安検査場に行くことになります。
ここも航空機のチケットの座席のグレードによって、利用することができます。
保安検査場の待ち時間を減らすことができるのです。

利用できる人は、以下の通りです。

・ファーストクラス、
・ビジネスクラス、
・ワンワールドエメラルド・サファイア会員(JALグローバルクラブ)
・プレミアムメンバー
・優先レーン(車いすの方、怪我されている方、お子さま連れなど)

保安検査場を通り過ぎると、出国検査ですね。
今は、パスポートを機械に当てて、すぐ済ませることができるようになりました。
ただし、パスポートに出国のハンコが欲しい場合、申し出ると押してくれるようです。

JALサクララウンジ

憧れのラウンジだったJALのサクララウンジに寄りましょう。
この場所がいつもゆっくり過ごす場所に代わってきた感じがします。

キャセイパシフィック航空のカウンターでJALのラウンジの工事があるらしく、
ある程度の入室の規制があるようです。
例えば、JAL便の利用者のみこのサクララウンジを利用できます。
ほかの航空機(我々のようなキャセイパシフィック航空、アメリカンなどの利用者は、控える)などと言われましたが、実際に行ってみると「今回のみですよ、お客様」と心の声が聞こえたように思えました。汗。
何となくですよ。

入室してみても、工事をしているのはどこなのか?わかりませんでした。
ファーストクラスラウンジのことを言っているのかな??

それにしても、SKYTRAX社の「5 STAR AIRLINE」のゴールドの看板が気になりました。
 

今回の搭乗ゲートは97ゲートとなり、本館のJALサクララウンジから徒歩20分と離れています。サテライトに行くのも、ちょっと距離があるのです。

サクララウンジのご飯

お昼の14時ごろ来てみました。
サクララウンジに来たら、やっぱり、名物のカレーですよね。笑

お米は、山形からのお米で「雪若丸」という新ブランド米
お米の食味ランキングで最高位「特A」を受賞しています。
白さ、光沢、味に優れ、粘りと硬さ(粒感)があり、
これまでにない新触感が特徴のようです。

この冷製コーンスープは、めちゃくちゃおいしいです。
僕は大好きな味になります。
おこさんもきっと好きなはずです。笑

そして、豚汁も最高です。
豚バラ肉と野菜を田舎風味噌で仕上げた豚汁です。

僕は、白米と豚汁があれば何杯でもご飯食べれます。笑

お昼ご飯の様子です。

成田ー香港

搭乗時間となりましたので、飛行機に乗り込みます。

夕方出発のキャセイパシフィック航空。

機体がかなり近くなったので、写真を。

夕食です。
出発してから二時間後くらいに来ました。
17:15発でしたが、夕食が来たのは19:30ごろ

これは妻の分です。

僕はカレーを選択。笑

香港国際空港に到着

香港国際空港でしばし、ラウンジ遊びしましょう。

香港空港のラウンジの場所

キャセイパシフィック ラウンジ「The Bridge」

初めに訪れたのは、「The Bridge」

エスカレーターで一つ下に降りていきます。

フロントで確認してもらいます。

中に入るとここもそこそこ広い空間となっていました。
搭乗ゲートが近くにあれば、利用してもいいかなって感じです。

キャセイパシフィック ラウンジ「The Pier 」

ここのラウンジは、広くあり、食事コーナーもかなり多くあり、
ゆっくりできるテーブル、椅子など多くありました。

入り口で確認したら、一つ目のフードエリア。
軽食が置いてあります。

さらに奥のほうに移動していきます。

バーカウンターもありました。
これも全部飲み放題になります。

さらに奥に進んでいくと、ヌードルバーがあります。
この注文票から自由に選ぶことができます。

できあがったら、よくフードコートにある音がなるもので、
お知らせしてもらえます。

タンタンメンなどを食べていきましょう。
香港ビールも飲んでみました。
あっさりしていて、おいしかったです。

キャセイパシフィック ラウンジ「The Wing 」

こんな立派な飲食スペースもありました。

香港ーロサンゼルス

飛行機の中の座席前の液晶画面。
ここからの移動がかなりありました。

出発が00:30 の夜中になります。
もう眠たいです。笑

晩御飯のメニューになります。

ベーコンとマッシュポテト、良かったです。
だた、眠たさが強く残っていました。

ようやく、ロサンゼルス空港に到着です。

CX0880
HKG – LAX
香港 ロサンゼルス 
00:05 – 22:45
T1         TB
(13H40)

ということで、今回の記事はここまでにしたいと思います。

次回以降、アメリカ本土のカリフォルニアの様子を記事にしていきたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください